バナナと言ったら・・・。

2016.09.29 08:18|クッキング
バナナと言ったら・・・かぶりつく。
もちろん皮は剥きますが。

子供たちは気が向いたら食べる程度。
もちろん好き嫌い多めの長女は、バナナNG。

時々「買ってよぅ~・・・」とせがむ、末っ子。
毎度買っても、全部食べ終わる前に飽きること、この上なし。

でも大丈夫~。
いよいよ食べないと!の危険信号が出てきたら、我が朝食の野菜ジュース用に、一回分ずつカットして冷凍庫へゴー。
一安心。

ところがところが・・・。

一日に消費するバナナは1/2~1/3本程度。
今度は、冷凍バナナの増量感この上なし。

なんとか消費せねばと、久々のバナナケーキ。
久々だと、よく食べてくれるのです。
ただ、長女は潰して練りこんでも、バナナの香りで・・・。
なんとか食べられるギリギリラインらしく、一切れでごちそうさま・・・でした。

子供も簡単に作れるバナナケーキ。
また作りたい~というので、バナナを調達。
長女以外パクパク食べるなら、バナナいっぱい余ってもOKじゃない~と、かごいっぱいの割安バナナを近くの八百屋さんでゲット。
ケーキ用・そのまま食べる用以外の数本は、今回は早めに冷凍庫へ。

今回は倍量にして、それぞれ次女・末っ子が別々のボウルで作りました。
バナナケーキ①

生地が出来たら、それぞれカップに流し込んで、バナナやスライスアーモンド、クルミで飾り付け。
バナナケーキ②

ホカホカ、焼き立て、いい香り。
バナナケーキ➂

多めに作ったので、冷めたらラッピングして、おじいちゃんおばあちゃんにおすそ分け。
バナナケーキ➃


ただ、ひとつ・・・失敗。
今回砂糖が少なすぎて、バナナブレッド風に。
粉糖やチョコシロップをかけると丁度良い甘さ。
子供たちはチョコバナナ風にして喜んでいました。

・・・が!
全部食べ終わる前に、バナナ同様飽きた模様。
さすがに作りすぎたみたい。

仕方ないから、スライスしてラップで小分けして、冷凍・・・。

えっ・・・・。

今度はバナナケーキが、冷凍庫侵入。

冷凍庫はバナナ関係占領率、この上なし・・・。

スポンサーサイト

今年こそ慌てない・・・運動会

2016.09.26 08:49|クッキング
この時期になると、ソワソワ・・・、ドタバタ・・・。
運動会の秋。

最近は春にする学校も多いみたいですが、転校してきた学校は、前の学校同様、秋の運動会でした。

さて、運動会といえば・・・お弁当。
毎回、何にしよう・・・と悩みながらも、大体同じようなメニュー。
そして毎回、下ごしらえはしてあるにも関わらず、タイムリミットギリギリまで、一人でてんてこ舞いな始末。

今年は学校までの距離もあり、車で荷物を運べる時間帯もきっちり決まっているらしく、タイムオーバーでは困ります。

とりあえず、メニュー決め。
唐揚げ・ポテトサラダ・卵焼きはお決まり。
他を考えて・・・。

そして、イラストにします。
これ、私の中で大事な作業です。
これをしておくか、しておかないかで、作業効率が全然違います。

頭の中で、メニューをあれこれ考えて、当日作って、詰めて・・・。
これだけだと、おかずが足りなくて空いたところを埋めるのに苦労したり、彩りが悪かったり。

なので、メニューを考えたら、まずイラストにして大体どこにどう配置して詰めていくか考えます。
その後、色も塗ります。
そうすると、「緑が少ないかな?」とか「この位置に赤が欲しいな・・・」とか、バランスも取れます。

当日は、すべての料理が出来たら、そのイラストを見ながらダーッと詰める。
このイラストのおかげで、当日、
「これをここに・・・いやこっちの方がいいかな?でもそうするとこれが入らない~・・・あ!時間が!!!」
なんて事にはなりません。

さて、今年は・・・。
2016運動会①
あくまで落書きですので・・・。
いつもこんな感じの走り書きですが、自分さえ分かればいいので・・・。

次に、お弁当を詰める時に使うカップ類も、準備して配置しておきます。
スタンバイさせておくと、当日更にスピーディーに詰められます。
2016運動会②

可愛い紙コップはとっても優秀。
高さもお好みでカットすれば、どんなお弁当箱にもフィットです!


さあ、そろそろ下準備。
作れるものはできるだけ済ませておきます。

第一弾
2016運動会➂
野菜も蒸したり茹でたりしてカットしておけば、隙間詰めに役立ちます。

第二弾
2016運動会➃
マカロニも茹でるところまで、前日に。仕上げは当日に。
チーズと枝豆スティックも、餃子の皮に巻いておいて、当日揚げるだけに。

トマトも、ヘタを取って洗っておけば、当日ささっと詰められます。
ちょっとした手間が、積もり積もって当日の貴重な時間を奪っていきます。

後は、おにぎり用の海苔のカット、酢飯用の寿司酢作り、お米の準備・・・などでしょうか。
他にも、敷物やおやつや飲み物の準備・・・。
あ~、やっぱり前日からバタバタ・・・。
頭の中がえらいこっちゃ。


当日。
なんとか今の所は雨は大丈夫。
という事で、まだ外は真っ暗な中、ご飯炊きから開始。

揚げ物は、ナゲットやポテト→枝豆チーズ→唐揚げの順で、同じ油でダーッと一気に揚げます。
他にもおかずを作っているうちにご飯が炊けたので、半分酢飯・半分おにぎりに。

料理が冷めたら、お重に詰めて・・・。
細かい所を仕上げて・・・。
おっと、ここで登場の、先日作ったべこもち(冷凍しておきました☆)登場。
はい、完成。
2016運動会⑤

ちょっとイラストとは違う所も出てきましたが、なんとか完成。

主食は、今年はかわいらしいだけじゃないゆるキャラ系に。
クックパッドを参考にした”ぐでたま”と、ゆるいおじさんおにぎり。
こちらは、この本を参考に・・・。
参考本
とってもゆるかわなおにぎり満載☆
今年はこれでお願いします・・・娘さん。
いいですか?

無事オッケーも頂けて、今年はキッチンも起きた時のように片付ける時間の余裕もありました。
これで、帰ってきたときに「疲れた~・・・洗い物の山が・・・。お弁当箱も洗わないといけないのに・・・。」
グッタリ・・・なんて事にはなりません。
ささっと10分もあれば、片付け終了です。


レッツゴー!運動会。

暑い・・・雨だ・・・蒸し暑い・・・。
途中雨に降られたものの、なんとか無事終了。

帰ってササっと片付けたら、写真や動画を楽しみましょ~。

末っ子の「パーフェクトヒューマン」のダンスに爆笑。
みんなけっこうキレキレで、楽しいダンスでした。

それにしても、次女が年々しっかり踊れるようになってきて嬉しい限り。
低学年の頃は、恥かしくて人前では話したり踊ったりが苦手で苦手で・・・。
それが逆に目立ってしまって、こちらもハラハラ・・・。
それが最近、気にならなくなってきて、嬉しい成長です。
2016運動会



はい、チーズ!

2016.09.24 08:26|消しゴムはんこ
先日、母のギター発表会に子供たちと行ってきました。

前にふれたでしょうか?
私は高校の頃、部活動でギター部でした。
そのころの顧問の先生が、今はギター教室をされています。

そこで数年前から習い始めた母。
実家に帰ると、リビングの一角にギターが置いてあります。
多趣味で器用な母ですが、この歳でギターをも始めてしまうフットワークの軽さ・・・。
私よりきっと体力がある事でしょう。

そして、そのギターの合奏のメンバーの中には、かつての部活仲間もチラホラ。
演奏を聴きながら、私の同級生と肩を並べて演奏する姿、なんだか不思議な感じでした。

母も、私が高校生の頃に演奏を聴きに来ていましたが、まさかそのステージの方にあがって演奏するようになるとは夢にも思ってなかったのではないでしょうか。

母校の現役部員の方たちの演奏も聞きましたが、さすが!
毎日ギターに触れあっていることもあり、娘たちも聞き入る演奏でした。

そのギター仲間の方々用のはんこを・・・。
音符女の子
ギターつながりなので、音符を入れてみました。
気に入って頂けたようで、良かったです。


さて、もうひとつはんこを紹介。

我が家の冷蔵庫で、無くてはならない存在。
それはチーズ。

とりあえず、そんな料理もチーズ部分が人気。
グラタンも、チーズが多い部分を取り合い・・・。
ささみのチーズはさみ焼きは、とろけてフライパンでカリカリになった部分が一番多いのはどれだと血眼になって探し・・・。
よく作るおからサラダやかぼちゃサラダに小さく切ったプロセスチーズは、それだけを狙って宝探しが始まる・・・。

本当にチーズ好きだな・・・と。
それに便乗して、
「ん?いまいち味が決まらない」
とか
「これ、失敗!?」
なんて料理に、これでどうだ!とチーズでごまかす母。

チーズつながりで子供たちが好きなのが、チーズ系デザート。
チーズケーキはもちろん、チーズ系のクッキーやパンも大好き。

三角のチーズが6個入った、丸い箱の6Pチーズ。
これと同じパッケージに入った、デザートチーズも大好き。
最近色んな種類が出ていて、時々デザート用に買ったりします。

で!
最近レシピ本で見つけたんです、それと同じようなチーズデザートの作り方を。
そして、そのレシピでは、6Pチーズの箱をそのまま使って、見た目もそのまんまの出来上がり写真でした。

これは作らねば!
家に空き箱もある!
でも、先に食べなければいけないおやつやデザートが盛りだくさん!

はやる気持ちを抑え、それをはんこに託してみよう。
という事で、先にはんこを彫り彫り。

チーズパッケージ①

と、写真を見て気付いてしまった。
『Nico-Recipe』 の「Nico」のつもりが、深く考えずに下書きしたら、いつの間にか『Niko」に変換されてました。
あれまあ。
まあまあ・・・。
「にこ」をローマ字で書けば『Niko』だしね~。
にこっと笑って気にしない~。

ぺタペタペタと丸く捺したら、6Pチーズの出来上がり。
チーズパッケージ②

空き箱に貼り付けてみようか。
チーズパッケージ➂

はぁ~満足。
はんこで満足して、肝心の中身を作る『やる気』がちょっとダウン。
まだ子供たちに、デザートチーズレシピを見つけた事は話してないから、このまま内緒に・・・。

いや、このレシピは試したい!
ので、子供たちにお知らせして、重い腰・・・お尻を叩いてもらって、チャレンジしようと思います。

カワイイです、べこもち。

2016.09.17 08:53|クッキング
「金太郎あめ」が作ってみたいなと思っていた時期がありました。
とりあえず、普通のキャンディから挑戦してみましたが、温度の管理が難しく、少しでも水分が多いとべたついたり・・・。

難しいんですね、アメちゃん作りって・・・と実感し、その上を行く金太郎あめなんてとんでもないじゃないか!
と完全に諦めてしまいました。

そんな時、金太郎あめ風クッキーバージョンのレシピを見つけました。
数回作りましたが、クッキー生地を作るのにも時間がかかる上に、着色して・・・、とか・・・。
ん~、時々ならいいかな?とい感じでしょうか。

その後アイシングクッキーに移行。
ハロウィンやクリスマス時期によく作るようになりました。
まあ、アイシングクッキーも準備が大変で、気合を入れないと「ちょっと作ろうかな~」みたいなテンションではとてもじゃないですが出来ません、私には。
一日がかりのつもりで、時間がたっぷりある日に実行です。


ところがところが、数週間前、見つけてしまったのです!
作りたい欲求はすごいのに、意外に面倒くさがりや・・・の私にぴったりのレシピを。

東北・北海道の郷土菓子にべこもちという物があるようなのですが(見たことはありましたが、詳しくは知りませんでした)、その作り方やアレンジ柄がたっぷりの可愛い本を発見☆
もう大好きなテイスト。

しかも、中を見てみると、なんて簡単なんでしょ~。
すぐ・・・もう思い立ったらすぐ!とりかかれるじゃないですか。
パンやクッキー生地と違って、扱いやすそうな生地で、子供たちも一緒に楽しめそうだぞ!
我が家の本棚にいらっしゃ~い☆


さて、とはいうものの、とりあえず一度作ってみないことには。
子供たちにも簡単に出来るものなのか、確かめてみなくては。

実践!

粉と砂糖を混ぜて、お湯も入れて混ぜ混ぜ。
べこもち①

まとまってきたらこねて、レシピに従って色付け&パーツ作り。
ここまであっという間です。
べこもち②

組み立てます。
ん?何やら見えてきたぞ。
正面から見てみましょう。
べこもち➂

こわっ・・・。
ちょっとおすもうさんにも見えるぞ。
べこもち➃

周りを滑らかになるように意識しながら、ぐっと握るように圧をかけて少し伸ばします。
この時、ころころと転がして伸ばしてしまうと、柄がゆがんでしまうみたいです。
危ない危ない、転がしかけて、この注意文を見つけました。
べこもち⑤

さて、ついにカットです。
ドキドキ。
ドッキドキ。
この瞬間、消しゴムはんこを彫って、初めてペタリと捺す瞬間にそっくり。
「どんな風に出来たかな?」
もう楽しみでしょうがないんです。
この瞬間の為に彫っていると言ったら過言では・・・あります・・・。

脱線しないで、早く続きを書きなさいよ!という声にお応えして。
はい、断面。
べこもち⑥

切っていくうちに、顔がどんどん変わっていくではないですか。
みんな違って、みんないい。

おっ、末っ子にそっくりな子がいるぞ!
この子は眠そう。
この子はエラそう。
この子は暇そう。
べこもち⑦

みんな揃って、蒸し器へゴー。
べこもち⑧

蒸してる間に、余った生地でもうひとつ。
べこもち⑩

少ししか生地が余らなかったので、二色で簡単な柄に。
べこもち⑪

女の子ですもの、この柄でしょ。
べこもち⑫
い・・・いびつ。
無理やりキュッキュッとつじつまを合わせて・・・。なんとかハート柄に見えるかしら?


そんなこんなとしてる間に、女の子が蒸し器から帰ってきました。
おや、エステにでも行ったようなツヤツヤお肌で帰宅。
べこもち⑨

ハートも蒸して、完成。
べこもち⑬


これはいける。
子供でもいける。
絶対楽しい。
次回は子供と一緒に作ろ。
横浜に居た頃なら、すぐにお友達(私の)を誘って作るところ・・・ですが・・・。
すぐに誘える方もまだ居ないし・・・。
誰か~、お近くの方、一緒に作ろうよ~。

ちなみに、すぐ食べない場合は冷凍保存推奨でした。
じゃあ、沢山作っておいて、お弁当にもぴったり☆
レシピ本には、お弁当やスープの飾り付け、白玉代わりにぜんざいに・・・なんて紹介されてます。

使った蒸籠は、しっかり水分が無くなるまで、こちらで乾燥。
キッチン水道横の、柱の穴を利用した、一時干し場。
柱②

リフォーム前からあった柱を残したのですが、ある日、そこに丁度左右対称の穴を発見!
もしや・・・と家にあった突っ張り棒を恐る恐る渡してみると・・・。
柱①

ぴたっ。
もう、まさに『ぴたっ・・・』です。
どうやら、この為にこの穴が空いていたんですね(違う)。
ってな具合に「ぴたっ・・・」となったんです。

普段、突っ張り棒は渡していませんが、何かの時には便利な干し場になりそうです。
ちなみに、柱の微妙な隙間にもS字フックを入れ込んで(写真下の方)、ちょっとしたモノ飾ったりしています。
ビバ、柱。

そして、最初に紹介しておくべきだった、どストライクな本はこちら。
べこもち本

見てくださいよ~。
めちゃくちゃカワイイ!
表紙からしてカワイイ!
中もカワイイんです。

この表紙のサンタ、絶対クリスマス前に作るぞ!
他にもハロウィンやお雛様等々、季節の柄がたっぷりです。
ぜひ、本屋さんで発見したら、ちらっと見てみてください。(関係者ではございません。全くの無関係者で、回し者ではございませんので、安心してください。それくらいお勧めしたいだけなんですっ!)

本日は超長文になってしまいました。
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

ぎゅっと収納、そしてガラ~ン。ミニマリストにはなれないけれど…。

2016.09.16 08:35|日常
今日は収納のことについて。

転勤族だったこともあり、時々断捨離をしつつ引っ越しの繰り返し。
そんな時、ゆるりまいさんの「わたしのウチにはなんにもない」を読んで、やましたひでこさんの断捨離の本を読んだ時以上の衝撃が走りました。

「これはすごすぎる・・・。」
自分が実行しようなんて100%思わずに、ただ読み物として「すごいな~、おもしろいな~」と読んでいました。

それから時が経ち・・・。
少しずつモノを減らす生活を送り、最終的にはこの「なんにもない~」シリーズを読み込むまでに・・・。
もちろんここまでは減らせませんが、とっても参考になることがたくさん。
片付けのモチベーションもアップ。
初めて読んだ時は、この本が参考になるなんて夢にも思っていませんでしたが、今では娘も熟読しています。
かといって、娘の部屋がキレイか・・・というと、それはまた別の話です・・・、はい。

さて、この家をリフォームする時に、設計士さんと色々相談し、収納もかなり色々考えて作って頂きました。
特に、キッチンの収納は入れるモノのサイズを考え、あーでもないこーでもないと頭を悩ませました。
食器もすべて収納できる引き出しを、ガス台側と水道側の大きな作業台に作ってもらったので、すっきりおさまりました。

逆に扉付きの吊戸棚は無しに。
オープンな吊り棚を作ってもらいましたが、これも収納には当てはめず、ちょっとしたモノと飾り程度に・・・と思って使っています。
キッチン棚


洗面所の収納スペースも、最初の提案よりは減らしていただきました。
といっても、結構大きめな収納です。
洗面所&脱衣所収納①

この洗面お風呂スペースの上の部分の収納、いまだにスキスキのガラガラ状態。
洗面所&脱衣所収納②
上・(写真では見えませんが)使っていないお風呂やキッチンの排水溝の蓋など、使ってない部品類。
   空いているので、とりあえずここに置いています。
中・洗濯ピンチハンガー(大)←普段は使いませんが、洗濯物が多い時に登場。
下・洗剤・石鹸類のストック。琺瑯洗面器。小さめのシリコンバケツ。

もっと収納を減らしても良かったのかな?と思いましたが、
もしかしたら、懸賞で「タオル100枚」当たったり(応募する予定はありませんが)とか、
抽選会で「石鹸10年分」当たったり(もうお肌ピッカピカですね)とか・・・。
そんな時の為に、開けておくのも得策かもしれません(そんな時は多分訪れませんが・・・)。


下の収納扉の中も3段に分かれていて、
上・スキンケアグッズ類などのストック、ポケットティッシュ(化粧時や排水溝の掃除に使ったりします)
中・タオル類
下・今日のお風呂後に使う、みんなの下着類

洗濯機上の棚はというと・・・。
洗面所
他に置くものが見つかりません。

ここでだけに限らず、昔だったらギューギューだったはずの収納スペース。
何度かの引っ越しで断捨離し、さらに今回の引っ越しを機に、使っていない物を思い切って処分したり、極力少ないストックにしたいと思い(今までストックしすぎの傾向があったので)、減らした結果です。
とっても管理がしやすく、探し物なんてほとんどする事が無くなって、子供たちにも「あれどこ?」と聞かれない毎日。
聞かれても、何がどこにあるのか全て把握しているので、口だけで説明できます。
快適すぎます~。
掃除も楽です~。

選別、処分やリサイクルに持っていく作業は大変でしたが、後の暮らしがぐっと楽になりました。

でも・・・、モノを減らしても、減らせないジャンルも・・・。
困った困った・・・。

それが製菓グッズ等々。
少し整理したものの、まだまだたくさん。
製菓グッズ
パントリーの一角に、製菓グッズコーナーがありますが、他はがらーんとしているのに、その一角だけぎっしりです。
ここはもう減らせないかも・・・と自分でも認識しています。
いいのです、この部分は・・・と、どうしてもの譲れない部分は持ち続けています。

料理関連の本と食材類。
これも減らせなさそうです。
といっても、引っ越し前に持つ量を少し見直し、整理もしてきたので、自分では納得の量になったはず!?

クッキーカッターはジャンル分けして、ここに収めています。
クッキーカッター①

クッキーカッター②

テレビでもチラホラ、本もたくさん出版されているミニマリスト。
そこにたどり着く予定はありませんが、色んな生活スタイルを経て、すっきり・シンプルな暮らしに移行しつつあります。
といっても、またこれから変化していくとは思いますが・・・。


今は、所々に好きなテイストを取り込んで・・・。

例えば・・・。

本棚ディスプレイ①

下に敷いた鏡は、祖母が飾っていたものです。
鏡として使用する場所が無く、本棚のディスプレイとして飾っています。
ミニーちゃんの服を着た人形は、昔、フリマで新品100円位で買ったものです。
片付けする中で、「これは今ではそんなに好みではないし・・・」と処分の対象になりかけましたが、子供たちに大反対されて、こちらにおさまりました。

本棚ディスプレイ②
木製パンは、子供たちの木のおままごとセットの中のひとつです。
他にも野菜やらフルーツやら盛りだくさんでしたが、使わなくなったので、パンだけ残して末っ子が通っていた幼稚園にお譲りしました。他にも沢山の使わなくなったおもちゃや本をもらっていただき、とても助かりました。

古い缶は、リフォーム前にこの家を片付けていた時、出てきたものです。
祖母のもので、中にはたくさんのボタンが入っていました。
今は本棚の一角に飾っています。

その隣は、末っ子の大切なガムボールマシーン。
中身を食べてしまいましたが、補充するガムが見つかりませ~ん。
見つけたと思ったら、業務用の大量ガム。

少しでいいのよ・・・少しで。


パントリーは相変わらずのガラ~ン。
パントリー①

の中に、ポツ~ン。
パントリー②

あまり使わないけど、最後まで残ったクッキースタンプ。
カワイイ。

この、一部日当りのいいパントリーは、贅沢なディスプレイ空間になりつつあります。
日が当たらない部分には、きっちりぎっちり収納してあるので、これもありかな・・・と。


ぎっしり部分。
パントリー➂

差が激しい・・・。
まあ、それも楽しんで。

ということで、今日は収納話でした。
では・・・。


白い冷蔵庫

2016.09.15 08:31|クッキング
季節が少しずつ変わっていくと、我が家にやってくる野菜やフルーツにも少しづつ変化が・・・。
最近はオクラや茄子、無花果がたくさんやってきます。

父が畑で採れた野菜やフルーツを、ものすごい頻度で届けてくれて、いつも冷蔵庫は瑞々しく潤っています。
ついでに、釣れたてのお魚も届くので、もう新鮮すぎる充実の冷蔵庫の中身で、まぶしいくらいです。

ちなみに冷蔵庫自体も、この夏についにやっとこ買い替えて、真っ白でまぶしいです。
カクカク、真っ白、広々で、大満足。
(広々過ぎて、搬入作業がかなり大変そうでしたが・・・。)
冷蔵庫

買い替えの機会に、試したかった事を実行!

それは氷の自動製氷を使わないという事。

当たり前に今まで使っていた機能ですが、意外に不衛生な水用タンク。
よく調べると、週に一度は洗ってくださいとのこと。
手入れはしていたものの、そんな頻度でしないといけなかったのですね・・・。

どうしようかな・・・でもやっぱり楽だし使っちゃおうかな?と、納品日まで迷う日々を過ごしていましたが、そんな時たまたま遭遇したカビ付きの水タンク(我が家の冷蔵庫ではありません!)。

その瞬間、「使うのやめよ」とあっさり決定。
とはいえ、夏は大量に氷を使う我が家。
とりあえず、お試しで製氷皿を使って手動で氷を作ることに。

で、タンクの部分が空くわけです。
で、こんな使い方に。
冷蔵庫②
おやつ入れ。
現在は、暑い部屋でとろけそうないちごミルクのあめちゃん&チョコ入れに。


氷はというと・・・。
氷

3種類を常備。
これがとってもいい!
水筒用にスティックタイプ。
ガツンと冷やす大きな氷。
カフェ風ドリンク(まあ、コーヒーやジュースですが)にはミニミニサイズ。

大2個、スティック&ミニミニ各1個。
合計4個の製氷皿をフル活用。
冬場は少し出番が減りそうですが、まだもう少しこの数が必要かな。


さてさて、冒頭に書いた無花果の話をするつもりが、冷蔵庫の話になり変わったので、戻しますと・・・。

無花果がどっさり届くので、ジャムと赤ワインコンポートに。
fig①

少し皮が固めかな?と思ったので、子供も食べやすいように皮を剥いてから調理しました。
無花果は残念ながら末っ子さんだけが好んで食べてくれます。

脱気処理もしたのですが、今までより容量アップした冷蔵庫に保存することに。
これでさらに安心。

二人でじっくり、ゆっくり楽しみたいと思います。
fig②

常備菜。つくりおき。漬けおき。

2016.09.13 10:10|消しゴムはんこ
新生姜が、沢山入って200円!
今だ!と、ばかりに仕込んだ甘酢漬け。
ガリですね。

新生姜

たっぷり。
日持ちもするし、美味しいのでもっと仕込みたいですが、冷蔵庫と相談しないと・・・。
今はまだ余裕がありますが、これから秋のおいしい季節ものが沢山出てきますよね。
まだまだ作りたいモノもあるので、空きを作っておかないと!


で、新生姜を仕込んだ時に、少し余った甘酢が勿体ないので。
人参の甘酢漬け

人参を漬けました。
人参のラペはよく常備しています。
ピクルスも他の野菜と一緒にはよく作ります。

が、この甘酢漬け、意外に使えました。

なんだか色合いが寂しいプレートのアクセントに。
下味が付いているので、そのままサラダにオン。
サンドイッチの彩りにも。
炒め物にもイン。
煮込みにもイン。
なんでもイン。

使える~。

先日、豆もやしとわかめの中華風サラダを作ったのですが、彩りが全然ダメ・・・。
あ、人参がある!
で、入れてみたらパッと一瞬で美味しそうな彩りに。
甘酢漬けなので、お酢で作った中華風ドレッシングにもばっちり合う。
程よく浸かっているので、生の人参よりも食べやすい!

これはもう、ずっと我が家の冷蔵庫に常備したい一品になりました。
人参の甘酢漬け②



さーて、それならはんこも彫ろうかな。
と、この人参の入った保存容器をイメージして、彫りました。
つくりおきはんこ

いつ何を作ったか、容器に記入してみました。

いつも日持ちしそうな常備菜や保存食には、シールかマスキングテープに日付を書いたりして貼っています。
このはんこを使って、冷蔵庫の中を見なくても常備菜が分かるように・・・。
つくりおきはんこ②

冷蔵庫の側面にペタリ。
これはなかなかいいのでは・・・。
文字だけより、なんだかパッと見、分かりやすいかも?
何が入っているかよく忘れてしまいがちな自分にはぴったりかも。

常備菜はよく作りますが、今まではそのまま食卓に出せるタイプのものが多かったです。
でも、最近は半分作っておくタイプがお気に入り。

下味だけ・・・。
カットだけ・・・。
茹でておくだけ・・・。
カットして、マリネしておくだけ・・・。

そうすると、色んな料理に使いまわせるし、ちょっと彩りが・・・なんて時に大活躍。

つくりおき・・・まではいかないかな。
「漬けおき」「切りおき」「茹でおき」
そんな感じでしょうか。

すこし処理しておけば、毎日の料理が少しラクになりますね。

再・・・一筆箋。

一筆箋のバリエーションを増やすべく、ミニサイズのはんこをちまちまと彫りました。

小さすぎて、刃が入るか入らないかの微妙な感じで彫る部分もあり、こちょこちょ・・・ちょこちょこと、もう何を彫っているのか分からない・・・と思いながら三種類完成。

クラフト紙に罫線部分を捺し・・・
一筆箋①

ミニはんこをポン。
一筆箋②

メガネ・習字道具・筆記用具の三種類。
一筆箋➂

さて、どう使おうか・・・。

夏も終わりに近づいてきたので・・・。

2016.09.10 09:16|クッキング
毎年恒例になった、我が家のゴーヤ漬けの仕込み。

毎年、夏の暑さもゴーヤもそろそろ終わりかな?という頃に仕込みます。
今年は、庭で作ったゴーヤで第一弾を仕込みました。

2016ゴーヤ漬け①


すると翌日、新たにゴーヤを頂き、すぐに第二弾を仕込むことに。
2016ゴーヤ漬け②


毎年、少しずつ出来栄えが違います。
昨年モノは、少し水分が多めで好みの出来上がりではなく・・・。
美味しいのですが、満点ではなく。

で、今年はその教訓を生かし、しっかり塩でもんで、水分もしっかり絞りました。

さて、今年のゴーヤ漬けは美味しくできるでしょうか?
結果が分かるのは数か月後・・・、いや半年以上先でしょうか・・・。

時間が経てば経つほど美味しくなるゴーヤ漬け。
楽しみです。


さて、最近朝晩がすっかり涼しくなってきて、夏ももう終わりかな・・・なんて思いながら、新聞で生ゴミ用の小さなごみ箱を作ろうとしていたら、花火大会の広告があまりにきれいで、作業ストップ。

生ゴミと共にポイするには惜しいので、新聞エコバッグに。

新聞エコバッグ①

反対側
新聞エコバッグ②


持ち手の補強部分も、同じ日の別の広告で見つけた、似たような雰囲気のモノで。
新聞エコバッグ➂
田舎の星空もいいけど、都会の夜景もキレイだな・・・。

紙をさわり始めると、いつの間にか工作タイムに入ってしまう・・・。
もっと作りたくなったけど、いい感じの広告部分が見つからず断念。

さっそく子供たちに目を付けられる新聞バッグ。
いつ奪われるやら・・・。

落花生

2016.09.08 09:23|今日のはんこ
我が家で定番のおやつ(おつまみではありません)、柿の種。
最近はこればかり。
梅シソ風味。
柿の種①

次女&末っ子がLOVE.

特に次女はかなりLOVE.
最近色んなバリエーションを見かけますが、梅シソLOVE.

更に、柿の種だけではなく、あられ&豆系のおつまみ風おやつが大好きで・・・。
柿の種②

わさび風味もお好みなようで・・・。

が、しかし。

お願いです。
”ピー”だけ残すの、やめてくださいな。
どの小袋を開けたって、もれなく入ってくるのがピーナッツ。

おやつの後、食べ終わったおやつの袋のがテーブルにそのまま・・・。
「もう、きちんと捨ててよ!」と言いかけて、毎回目にする袋の底に残されたピーナッツ。

「ママにプレゼント♪」

もっといいもの下さい。


かと言って、殻付き落花生は好んで食べるのです。
同じ素材ですよね?
むいて食べるのが楽しいのでしょうか。

先日、地元のスーパーの片隅にある産直の野菜売り場に、落花生発見!
茹でて食べたいけど、茹で落花生はお気に召さないようで・・・。

じゃあむくのが好きなわけでもなさそうね…。
何なのかしら?
多分本人も分からないと思います。

超が付くほど豆好きなのに・・・。


20160905はんこ
きょうのはんこ。。。柿の種-あられ=ママのおやつ → 我が家の方程式
                    ピーナッツばかりで飽きました。柿も数粒ください。
                            
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Nico-Recipe

Author:Nico-Recipe
ちいさな手作りで、毎日にちいさなにこにこを。
料理・手芸・消しゴムはんこ・・・。
いろんなツクルを綴ります。

最新記事

カテゴリ

作品販売★minne

著作権について

☆著作権について☆ このブログ内に掲載されている画像・図案はオリジナルデザインです。 無断使用、図案の複写などはご遠慮ください。 著作権は放棄していません。

My favourite shop

お気に入りの製菓材料SHOPです

消しゴムはんこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

recommended store