『あたらしいおやつ』作ります。

2016.10.31 08:25|クッキング
お気に入りのレシピ本。
とは言っても、お気に入りばかり集めているつもりですが、やはりお気に入りレシピがあります。

その中でも好きな、白崎裕子さんの本。
お気に入りレシピ本①

バターや卵を使わずに、簡単に美味しいお菓子が作れます。
簡単・・・とっても重要です、私には。
思い立ったらすぐ作りたい!
すぐ完成品を眺めたい!
試食もね。

この方のココナッツオイルで作る生チョコレートにハマり・・・。
色々作ってみると、どれも簡単で美味しい!

最近、新しいレシピ本が発売になりすぐ購入。
お気に入りレシピ本②

普段、気になるレシピ本は、中身を必ずチェックして、図書館にあれば借りてみて、手元に置いておきたい場合に購入します。
それも、まず中古で手に入らないかチェック。
どうしても新品しかない場合は購入しますが、中古があればそちらが優先。

アマゾンにはお気に入りが沢山。
値下がりしてきたら購入したい本もたくさんあります。

しかし、この白崎茶会のレシピ本は、発売日にゲットしたいくらい即購入です。
大好きなんです。


さてさて、こちらのレシピの中で一番気になったレシピを試してみることに。
卵・薄力粉・バターも使わないケーキ。
ボウルひとつで焼き上げまで完了するんです。

実は野田琺瑯のラウンド型の保存容器を持っているのですが、ここで直接混ぜてそのまま焼き上げられないかな?もしくはケーキ型として焼いて、そのままデコレーションして持ち運べるケーキが作れないかな?なんて考えていた所だったので、このレシピを見た時「これは!」と思ったのです。

さっそくクッキング。
耐熱ガラスのボウルでオイルや豆乳を混ぜ混ぜ。
米粉ケーキ①

粉類も混ぜて、そのままオーブンへ。←ボウルそのままなんです!

焼けました。
米粉ケーキ➂

ひっくり返して、冷まします。
米粉ケーキ②

冷めたらスライス。
あ、何となく適当にサクッとスライスしたら、とんでもなく適当な切り口・・・ナミナミ・・・ズボラ感満載です。
米粉ケーキ➃


さて、気を取り直して、クリーム作り。
本では豆乳ヨーグルトを使ったホイップクリームを使っていますが、そこはアレンジ。

多分そこまで徹底的に作りこむと、子供受けが良くないような・・・。(今までの失敗を振り返ると)
で、大好きな生クリームと(作者の白崎さんの意に反するかもしれませんが・・・)クリームチーズを合わせてみよう。

まあ、その場その場で考えて作ってしまうので、クリームチーズも常温にせず投入。
米粉ケーキ⑤

混ぜて気付く失敗。
「ぁあぁ・・・常温にしないといけないんだ・・・ダマ・・・・ダマ・・・」
ズボラさん再び登場。

しっかりクリームチーズの粒々、アリアリ。
オレンジジュースの粒々入り大好きな娘さん、この粒々もを受け入れてくれますか?
とりあえず出来る限り滑らかに見えるように混ぜて混ぜて。

何を挟もう?
三姉妹みんなが食べられて、家にあるのは・・・。
いちごジャム?

さて、今回は野田琺瑯のラウンド型にスポッと入れて作りました。
いわゆるスコップケーキ風でしょうか。
米粉ケーキ⑥

クリームとジャムを挟んで、上にもクリームを塗って・・・。
米粉ケーキ⑦

飾りは?
どうしよう・・・。
三姉妹に聞いてみよう!

「何も要らない」

はい、そうですか。
そんな気がしました・・・。

何かゴテゴテと飾りたくなりますが、シンプルでいいようです。
今回はちょっとシンプルすぎるような気もしますが、白一色ですっきり、これもいいかもしれませんね。

ケーキ風にカット。
米粉ケーキ⑧

一切れ目の取り出しにくい事!

さて、肝心の味は・・・。
ん~、生地が詰まった感じになってしまいました。

これはスポンジづくりに失敗したような・・・。
私がどこかできっと違った動きをしてしまったのか!?
なぜでしょう・・・。
どちらかというと蒸しパンみたいな・・・。

でもまあ私としては、卵なしでスポンジがここまで作れたらいいのではないかと思いましたが、子どもだちは判断は意外に厳しい。

「・・・粉っぽい」
「固い・・・」

でもクリームは大好評。←もはや、レシピ本は関係ない所で喜ばれてて、複雑。
更に、末っ子にはスポンジ・クリーム両方を拒否される始末。
はぁ、出たよ、末っ子の気まぐれさん。

次回は、普通のスポンジを作ると誓わされました。
やはりケーキ部分は、卵入りで作るのが我が家には合いそうです。
でも、薄力粉は使わずに、米粉はそのまま使いたいな。
レシピを考えようと思います。

・・・といいつつ、何だかんだで長女・次女ともに、おやつにデザートにとバクバク・パクパク食べ、あっという間に完売。


次は、『あたらしいおやつ』の二番目に気になるレシピを試します。
我が家にぴったりのレシピを見つけるぞ!
スポンサーサイト

そろそろ年賀状・・・2017年 賀正。

2016.10.29 08:19|消しゴムはんこ
そろそろ年賀状の図案を考えてみようかな・・・。

「ブンカの交流館」という地域のカルチャースクールに消しゴムはんこ講座の講師として登録しています。
残念ながら、まだ、教室としては成立していませんが・・・。

でも体験交流会という体験会があり、9月に参加させていただきました。
彫るのは難しい・・・という方もいらっしゃいましたが、消しゴムはんこというもの自体を知らない方もたくさんいたので、それを知ってもらえただけでも良かったなと思います。

11月にまた体験会があります。
今回は、彫るのは難しい・・・という方用に、捺す楽しみだけでも伝えられたらいいかなと。
年賀状図案も持っていこうかな。
はがきやシールシートに捺すだけでも十分楽しいので、いろんな方に参加して頂けたらいいなと思っています。


さて、来年の干支は酉。
真っ先に思いついたのがニワトリ。

サラサラサラ・・・と下絵を描き(実際はサラ・・・消してサラ・・・違う・・・う~ん何か変・・・サラ・・・という具合ですが)、彫り彫り。
重ね捺し用のはんこも彫って・・・。

まずこれ。
年賀状ニワトリはんこ①

からの、これ。
年賀状ニワトリはんこ②

からの、それ。
年賀状ニワトリはんこ➂

おまけの、これ。
年賀状ニワトリはんこ➃

年賀状図案、頭にドッと浮かんでいるうちに、ダーッと彫ってしまおう。
・・・と思っているうちに・・・。

二日ほどで次回の酉年の分?というくらい彫りあげ・・・。
もうお正月が過ぎ去った気分です。
そして、年賀状熱は10月末にして、ピークが過ぎていったのでした。

巻き戻って、クリスマス熱にスイッチが入りそうです・・・。

暦に逆行。

持ってても、欲しくなるなる、ストウブさん

2016.10.28 08:57|消しゴムはんこ
我が家にはストウブの鍋が4つ。
使わない日が無い程、使い込んでいます。

一時期は大活躍だった圧力鍋。
最近はストウブが主流になってしまい、出番がめっきり減った圧力鍋は、キッチン裏のパントリースペースに。
活用してあげたのはもちろんですが、普段使いにはストウブが一番☆

でも、豆や玄米を炊いたりする時は大活躍なんです、圧力鍋も。
母から譲り受けた圧力鍋は、これからも時々大活躍していく我が家の定番鍋です。


さて、鍋話からの鍋はんこ。

鍋彫って・・・。
蓋彫って・・・。
蓋パカッで完成。
鍋はんこ①

色変え、中身変え・・・。
鍋はんこ②

色々完成。

友達が、白のストウブをゲットしたらしい・・・。
白・・・いいな・・・。
でも汚れ付かないかな?
でも、いいな・・・。
いいな。

鍋、これ以上増やす勇気がありません。

ツクル日和

2016.10.27 08:03|クッキング
昨日は、ツクル日でした。
朝からキッチンを行ったり来たり・・・。

ネットで見かけた、試したかったレシピ。
通常版とレンジで簡単版があり、違いがどうしても知りたくて・・・。
別の日に作ってしまうと、食べ比べできない!

で、まずはそのレシピを同時進行でクッキング。
コンロとレンジを行ったり来たり。

どちらもジップロックで冷蔵庫に入れて寝かせます。
これで、夜には食べ比べできる!
子供たちにも感想を聞くとしよう。
→結果、どちらも同じでした。という事で、これからは時短のレンジ版で作る事が決定!


はい、次!
あっという間に食べ尽くしたグラノーラの注文が長女から入ったので、そちらに取りかかり~。

自家製グラノーラ①
さてさて、今回はざっくざくに出来るでしょうか・・・。

自家製グラノーラ②
ゴロゴロとした塊もたっぷりできて、大満足の焼き上がり!
ついつい、つまんでしまう・・・。

あ!、と思い出し、先日頂いたリンゴのお返しのおすそ分け用に袋詰め。
自家製グラノーラ➂
グラノーラシールをぺたり。
ついでにシール入れの缶々を探っていたら、丁度いい既製のシール発見!
レトロでかわいい。


さてさて、次!
パンを作るのです。
そろそろ焼き上がりまでホームベーカリー任せじゃないパンを作るのです。

色々考えたけれど、材料もそれなりにあるけれど・・・。
食べて頂きたいジャムが沢山!
で、結局シンプルなまるぱんを作ることに。

昨日も、気になる本の材料の配合を参考にしました。
その本では手捏ねでしたが、そこはホームベーカリーにぜひともお願いしたい!

では、よろしくお願いします。
その間に、ちょっと近所のスーパーへ。

帰ってきたら、ぴったり一次発酵終了。
まるぱん①

ありがとう。
バトンタッチ。
まるぱん②
6等分。
適当すぎて、大きさバラバラ・・・。

ベンチタイム。
まるぱん➂

二次発酵突入。
まるぱん➃

豆乳を表面に塗って、オーブンへ。
卵液みたいにつやつやになりすぎなくて、ちょうどいい自然な(自然ではないのですが・・・)照り具合。
まるぱん⑥

各自、好みでジャムやバターを塗ったり、挟んだり。
だからこのままでもいいんだけれども。
まるぱん⑦

そうだ!とひらめき、久しぶりに引っ張り出してきた道具を使って、こんなこと。
まるぱん⑧

んん~、やっぱり加減が難しい。
焼き印の熱し加減と、捺し加減。
焦げすぎると苦いのです。

一発目が手前のパンダ。
久々だったので、加減が分からず黒々と・・・。
子供に見せたら、
「ドクロ?」

えっ?・・・そういわれてみると・・・。
たしかに見えるよ・・・ドクロに。
ホラーパン、誕生。


せめて、全部がこんな感じになるといいのですが。
まるぱん⑨
練習しよう、そうしよう。


そして、そのまま夜ご飯の下ごしらえ突入です。
おかげで、夕方はのんびり。
夜ごはんもささっと作れました。

ツクル日和のしめに、消しゴムはんこでも作りましょうか。
何にしようか・・・。
パンを焼いたから、パンで。
単純ね。

2パターンの食パン完成。(食パン焼いてないのに?)
ぱんはんこ①
ノーマル線と手書き風。

その他、モロモロ彫りました。
ぱんはんこ②


ぱん袋にでもしてみようかな。
こんな感じや・・・
ぱん袋①

こんな感じや・・・。
ぱん袋②

色々作った一日でした。

ツクルのはんことハロウィンと・・・。

2016.10.25 08:34|消しゴムはんこ
ブログタイトルにもあるように、ツクルことが好きです。

今までいろんなことに興味を持ちました。
何か興味を持つと、とりあえず作ってみたくなる。
一回きりで飽きた事もあれば、時々作りたい熱がやってくる手芸や裁縫系、消しゴムはんこのように何年も飽きずに続けていることも。

まあ、消しゴムはんこだけは、毎日彫っていてもいっさい飽きず、むしろわくわく感が増していくという異例の事態ですが。
「よく飽きないね~!(決して嫌味ではなく・・・感心の意味を込めて・・・だと思います)」と言われることもあるけど、言い切れます。
決して飽きません。


さて、そんなに「ツクル」ことが大好きなので、ツクルはんこをツクリました。
ツクルはんこ①

ペタリ。
ツクルはんこ②

クッキングのツクル。
そうしたら彫りたくなった、タベルはんこ。
さらに彫りたくなった、別のツクルはんこ。
作ったら遊びたくなった、アソブはんこ。

一挙にどうぞ!
ツクルはんこ

今回の女の子は、ちょっとだけ雰囲気を変えました。
まあ、自分にしか分からないような事ですが…。

さて、これはどう使おうか・・・。
何か作ったりする教室やワークショップなどのチラシとかに合いそうなんだけどな・・・。

という事で、ありもしない「クッキング&はんこラッピングの会」を想像・・・いや妄想し、チラシを作ろう!
(Q.何のため?  A.誰の為でもない、ただ私がチラシをツクル工程を楽しむためだけです、はい・・・。)

ツクル会①
日時や場所は、まだ決定していないから、今度入れよう!(あくまで妄想です・・・)

よーし、最後は消しゴムはんこ~。
ポンポンポンッと。
ツクル会②

ちょっとシンプルすぎたかな~。
写真はもうちょっと雰囲気変えた方がいいかな~。
色々、改良の余地ありだな・・・うん。 ←全然ナシ。なぜならすべて妄想だから・・・。

あ~楽しかった。
ちなみにパソコンを使って、色々作るのも大好きです。
そんな時に大活躍な素材集。
今日はこの2冊を使います。
素材集

DVD付きで、素材データがぎっしり。
多分、デザイン系の仕事で使ったりする方が多いのではないでしょうか。
WebデザインやPOPに使ったり、雑誌デザインに使える素材集もたくさん売っています。

素人でこんなに集めてどうするの?
こんな声が聞こえてきそうな、図書室の一角にずらりと並ぶ素材集たち。
デザイン会社が立ち上げられそうです。
ええ、ただの趣味です。
趣味だから、楽しいのかもしれません。


ちなみに以前、自宅教室のチラシも作ってみたりも・・・。(まだきっちりした詳細は決めていないので、星印で伏せてあります)
チラシ教室

いずれは自宅で教室を・・・と思いつつ、まだ実際動き出していないのですが、計画だけで終わらないように、とりあえずチラシから取りかかってみました。
まあ、単純にパソコン作業が楽しいから作ったとも言えますが・・・。



さて、今日はせっかくポータブルDVDプレーヤーを装着したのだから、何か作ろうかな。
※現在使用中のパソコンも、DVDを挿入して使用できるタイプですが、大好きな素材集の出し入れの半端ない使用量で酷使しすぎて、ついにはトレイが出てこなくなりました。多分、もう嫌になったんだと思います、出たり入ったりが・・・。


もうすぐ終わるよ、ハロウィンハロウィ~ン。
ちょっとだけ、気分を味わおう。

データを取り込んで、バランスを見て配置。
そして、クラフト紙にプリントアウト。
ハロウィンバッグ①
かわいいイラストがいっぱい。
こんなかわいいの、私には描けませ~ん。

色んなサイズの袋を作りました。
ハロウィンバッグ②

おやつを入れて・・・。
ハロウィンバッグ➂

Oh!Halloween!

かごバッグ!か~ら~の~?編み目はんこ

2016.10.24 09:22|消しゴムはんこ
なぜ我が家に?

憧れの、山ぶどうのかごバッグ。

山ぶどうのかごバッグ

色んな素材のかごバッグがありますが、その中でも高価でなかなか手が出ない山ぶどうのかごバッグ。
いいなと思いつつ、手が出ない・・・。

いつか・・・いつか・・・と思いながら暮らしていました。


実家を訪ねたある日。
かごバッグの話しになったら・・・。
出てきた!
山ぶどうの!
かごバッグ!

これぞ灯台下暗し。

しかも・・・。
勿体ないことに、部屋の飾りとなっているのでした。
カサカサ感、この上なし。
勿体ない!

毎日持ってこそ、いい味が出るというのに・・・。

母曰く、「持ちにくい」そう。
確かに肩掛けや斜め掛けバッグを使い慣れていると、手に持ったり腕に掛けての使い方は持ちにくいのかも?
私はミニバッグや小さめのトートバッグをよく使うので、全然平気。


さて、実家の山ぶどうバッグ。
どうしても、飾っておくだけにはしておきたくなかったので、預かって私が日々使い込んでいい味を出すことに・・・。
そして使うときには引き渡す予定。

私も使い心地がお試し出来て嬉しい。
今まで使ったことのあるかごバッグよりかなりしっかりした作りで、ちょっとやそっとじゃ壊れなさそう。
毎日使い、一日も早くいい味が出るようになでまわしています。


さて、かごバッグを見ていたら、こんなはんこが彫りあがりました。

編みはんこ①
網目のつもり・・・。
ん~、なんだか単純なのに難しい。

とりあえず。
持ち手なしのクラフトバッグを作って、ポンポン。
編みはんこ②

なんだか寂しいので、消しゴムはんこの長方形型のかけらがあったので、縫い目部分をさっと彫り、タグ風はんこをポン。
過去に彫った文字はんこで引き締めて・・・。
編みはんこ➂

おやつを入れて、飾りましょ。
編みはんこ➃

米粉サブレ

2016.10.22 08:46|クッキング
そろそろバターを消費したいな・・・と思い、我が家の図書室へ。
ぱっと手に取った本の中からピックアップ。

こういう選び方も楽しいです。
「あれを作ろうかな~」と決めてからレシピを考えたり探すのもいいのですが、ぱっと何気なく手に取った本から選ぶのも、思ってもいないレシピを見つけたりして楽しいです。

最近太白ごま油を使ったおやつ作りが多く、バターが全然減らなかったので、久しぶりにバターを使ってクッキング。
今回はバターと米粉を使ったサブレレシピを見つけて、それに決定。


久々に、バターを使ったクッキー系。
クリーム状に練って、お砂糖すり混ぜて、卵を分離しないように少しずつ混ぜて・・・。

腕が・・・久々で、腕が・・・。
オイル系で楽々クッキングばかりしていたので、この作業だけで疲れた腕。
楽ばかりしていてはだめですね。


さて、出来上がった生地を伸ばしてから、冷蔵庫で数時間休ませて、型抜き。

米粉サブレ①

アイシング予定はないので、かわいく顔も付けたりして・・・。
そして焼き上げ。
米粉サブレ②

あ~いい匂いすぎる~。
これはオイル系の焼き菓子には出せない匂いだ~。
やっぱりバターって素敵。


さてたくさん焼きあがったサブレ。
長女が友だちと遊ぶというので、おやつ代わりに持参することに。
よし!

なぜ、よしなのか。
なぜなら、気が向かないと、必死に作った上出来のオヤツさえ持って行ってくれない気まぐれさんだから。

今回は持って行く気分らしいので、ラッピングに取り掛かります。
と言っても、いつものクッキーラッピングで・・・。

米粉サブレ➂

クッキーを袋に入れ、シーラーで密封。
割れないように、後ろに可愛く印刷した厚紙を敷いて、タグと一緒にホチキスでパチン。

米粉サブレ➃

完成。
いってらっしゃーい!

絵本に学ぶ。引っ越しして、軽くなる。

2016.10.21 08:30|日常
絵本が好きです。

末っ子は、毎日寝る前に二冊の絵本を持って寝室にやってきます。
毎日毎日なので、絵本が足りません。
幸い、図書館には読み切れないほどの絵本があるので、しょっちゅう借りに行きます。

なので、最近は絵本を購入することも少なくなりました。
が、時々せがまれて連れて行かされる古本屋に行くと、必ずチェックする絵本コーナー。
いつも好みの絵を探し、中身はその次・・・。絵や雰囲気、大事。

先日も、絵本コーナーを眺めていると・・・。
惹かれた背表紙は、大人っぽい白黒。
字体もなんだか惹かれる。

手に取ると・・・。
「これは棚に戻せないぞ・・・。」
久々のノックアウト。
絵も話も大好きです!

ところが値段が大好きじゃない・・・。
中古なのに、あんまり安くないぞ。
が、程度はかなりのAランク。

子供たちに「これ、いいよね?読みたいよね?!」と無理やりに頷かせ(「あんまり~」の末っ子の声は空耳ですね)、
「読むなら買ってあげるよ~。」と、まるで子供の為のように見せかけて、自分の為に購入。


さて、我が家の絵本コレクションの中でも、いきなりベスト3(トップに躍り出そうな予感)に飛び込んできた絵本がこちら。

『おうさまのおひっこし』
おうさまのおひっこし①

この絵!
なんですか、この素敵な絵。
このまんま消しゴムはんこにしたいです。
大きすぎて、普通サイズの消しゴムはんこじゃはみ出しますね。
かと言って縮小したら、もうこれは達人、いや仙人・・・神業の域の激細かさの作業になるでしょう。

おうさまのおひっこし②
それにしても、素敵・・・。

さて、お話も素敵です。

照れ屋で優しいおうさまと、あわてんぼうのおともたちのおはなし。
おともたちが窮屈そうにベットに寝ているのを見て、
おうさまのおひっこし➂

おともたちにベッドを作るように言うと、おうさまの為にとんでもない大きさのベッドを作ってしまう。
おうさまのおひっこし➃

お城に入らないベッドの為に、引っ越しすることに。
おうさまのおひっこし⑤

困っているものがいると何かしてあげたくなるおうさま。
王様の意図とは違う助け方をしてしまうおともたち。

途中でおなかを空かせたヤギに会い、助けてあげなさいと言うと・・・。
おともたちはに、ソファーの中身の干し草を食べさせてあげる。
おうさまのおひっこし⑥

他にも、雨漏りだらけのお家に食器を並べて、雨漏りをなんとかしてあげたり
おうさまのおひっこし⑦

あかあさんと離れ離れになった子鹿を助けるために、川に持っている荷物をどんどん放り込んで、挙げ句の果てに、引っ越しの要因になったあの大きなベッドまでも放り込み、橋を作ってあげたり・・・。
おうさまのおひっこし⑧

王様の意図とは全然違う働きをしてしまうおっちょこちょいなおともたち。
びっくりしつつ、困っていたもの達が喜んでいるのを見て、嬉しくなったり優しく微笑むおうさま。

結局、元々あったおうさまのベッドだけになって、新しいお城に到着。
おうさまのおひっこし⑨



最後は、みんな一緒に嬉しそうにベッドに寝ています。
おうさまのおひっこし⑩

なんていいお話。
そしてこれが理想なのかもと思ってしまう。

物は大事だけど、通り過ぎていくもの。
両手いっぱい、もっともっと!と抱え込むより、その時その時、必要な所に流れるのがいいのではないかと。

今まで沢山引っ越してきました。
結婚した当初は、家族が増えるにつれ、だんだん増えてくるすべての荷物を一緒に運び、移動していました。

そんな中で色々知り、経験し、どんなふうに暮らしていくかを工夫しだし、荷物を減らしながら移動する術を学びました。
引っ越しごとに、必要なくなったおもちゃ類やベビーグッズを、その時必要な方々に譲ってきました。

趣味で集めたグッズやキッチン用品、インテリア用品も、今必要なモノ+α程度にそこそこに・・・。
今の生活には多すぎる余剰分は手放し、軽い生活に。

空間がたっぷりある家は、圧迫感もなく空気も軽く感じます。

ただし・・・。
我が家の図書スペースだけは、別物・・・。
圧迫感バリバリのアリアリ。
図書室②
う~ん、圧迫感半端ない。
抱え込みすぎ。
でも嫌いじゃない・・・。
むしろ好き。

本棚を背にして、作業スペース。
図書室①
調べ物したり、はんこ彫ったり。
子供たちが宿題したり、本読んだり。
ちょっと飾り物も多め。

ここはいいのよ~・・・と余裕でいると、ごちゃごちゃ感があっという間にやってきます。
時々見直し、お片付け。

何事もバランス。
全ては抱えきれない。

おうさまを見習って、本当に大切なものを忘れないように・・・。
絵本は一角に飾っております。

ぱんです。食べられないよ?

2016.10.19 09:17|消しゴムはんこ
パン熱が上がらない今日この頃・・・。
ホームベーカリーにお任せの食パン率高め。

そろそろやる気が出てこないかな・・・。
ねえ、自分。

消しゴムはんこに注がれるやる気を分けてあげたいわぁ~。

ぱんですはんこ①

ぱんですはんこ②

ぱんですはんこ➂


食べられるパンを作ってください。

子供たちの声が聞こえてきそうです・・・。

トースター、カムバックトゥーミー。そしてアラジンマークはカワイイ。

2016.10.17 08:26|消しゴムはんこ
アラジントースター。
ああ、素敵。
アラジン①

昨年度のふるさと納税で頂いたお品です。
大事にとっておき、引っ越した今春から使用開始!

朝食はパンのことが多い我が家では、トースターは無くてはならないモノ。
調理でも、グラタンやドリア大好きな子供たちの為に、日々頑張ってくれています。

お手入れもそれなりにして、大事に使ってきたのに・・・。
それなのに・・・。

先日、グラタンを焼いていると・・・。

「なかなか焼き色が付かないぞ?」

トースターって、熱くなりすぎると加熱がストップしたり、また加熱したり・・・。
だから気長に待っているのに、全然焼けない!

よ~く見ていると、全然加熱しないではないか。
困った困った。

色々試しても、うんともすんとも言わない。
取説を引っ張り出してみても解決せず・・・。
仕方がないので、販売元にTEL。
修理に出すことになりました。

で、引っ張り出した取説のかわいいこと。
アラジン②

トースターがやってきたときに「かわいいマーク!」と思っていたことを思い出しました。

じゃあ、彫ってみよう。
縮小コピーして・・・。
彫りました。
アラジンマーク①

捺しました。
アラジンマーク②

あ~かわいい。
満足。

アラジンといえば、ストーブが有名ですね。
残念ながら我が家のストーブはアラジンの物ではありませんが、レトロで好きです。


さて、このはんこ、どうしましょう。
作ったものの、使い道は・・・。

とりあえず、クラフトバッグを作って捺してみたり。
クラフトバッグ


かわいいシールシートに捺してみたり。
アラジンマーク➂

とりあえず黒板に・・・。
黒板⑤
すごい量の「かお」のいたずら書き発見!
どういう意図があるのでしょう・・・。

こちらの落書きは、季節感があっていいですね。
黒板⑥
カボチャに足がついているのが気になりますが・・・。
「カボチャ人」らしいです。

とりあえず、一日も早く我が家のキッチンに戻ってきてくれることを願っております。
それまでは、コンロのグリルよ、パン焼きお願いします。
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Nico-Recipe

Author:Nico-Recipe
ちいさな手作りで、毎日にちいさなにこにこを。
料理・手芸・消しゴムはんこ・・・。
いろんなツクルを綴ります。

最新記事

カテゴリ

作品販売★minne

著作権について

☆著作権について☆ このブログ内に掲載されている画像・図案はオリジナルデザインです。 無断使用、図案の複写などはご遠慮ください。 著作権は放棄していません。

My favourite shop

お気に入りの製菓材料SHOPです

消しゴムはんこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

recommended store