コトコトあんこ炊き

2017.10.05 07:54|クッキング
月が替わると、ついつい口に出ます。

「もう○月だね~、早いね~。」

カレンダー①
今月は、心底しみじみ感じます。
もう10月ですね。
あっという間に年末になりそうです。

夏休み明けからの、1ヵ月の経過速度が速すぎます。
学校行事やらなんやらで、いそいそバタバタしていたからかもしれません。

こちらのカレンダーは時折、時を止めます。
カレンダー②
日課にしようと思っていても、ついつい「ピリッ」と破り忘れます。

この柱、たたずまいが素敵です。
リフォーム時に、そのまま残しました。
色んな穴やヒビや削った跡も、味わいがあります。
カレンダー➂
釘跡に、手持ちの釘を差し込んで、古い穴も再利用。

ちなみにリフォーム途中の様子。
柱はいつでもそこにあります。
リフォーム③
今も、時折すりすりとさすって、手触りを確かめたり楽しんでいます。



さて、昨日。
「お月見の季節だね~」なんて話したら、「おだんご作って!」と言う末っ子。

中秋の名月。


ちょうど先日、食材のストック確認中にだんご粉を見つけました。
在庫ストックを一度リセットしたいと思っていたので、願ったり叶ったり。


という事で、まずはあんこ炊き。
そこからです。
小豆もストックを一掃したかったし、寒くなりコトコト火を使いたいし。

あんこ炊き①

コトコトと。
あんこ炊き②
手間なしで簡単にできるあんこは、冬の我が家の定番。
甘さ調節が出来るのが一番。
わが家はてんさい糖です。

今回は、砂糖を入れて煮込む前に、煮汁と一緒にちょっと取り分け。
あんこ炊き➂
ぜんざいみたいな雰囲気(雰囲気だけ漂わせます。本来の作り方と違うでしょうから。)の物も作ります。

この小さな銅鍋。
祖母が使っていたようです。

すごく使っていた様子。
銅鍋①

直しては使っていた形跡があります。
銅鍋②

持ち手も隙間があり、ちょっとグラつきます。
こちらも付け替えながら使っていた様子。
銅鍋➂

母にもらった琺瑯の小さな鍋があったので、そればかり使っていましたが、この鍋も使ってみるととっても使いやすいです。
ちょっとした煮込みやジャム。
この鍋も、どんどん使っていこうと思います。


さて、完成しました。
あんこ。
あんこ炊き➃
水分少なめ、ほっくりタイプが好きです。

次はお団子です。
子どもたちが帰ってくる頃を見計らって作りました。

思った以上にやわやわで、必死で熱さと闘いながら作ったら、こんなん出来ました。
おだんご
ぐでっと、とろっと、やる気のない月見団子。

しゃきっとぴんっ!とはしてないけれど、口当たりはやわやわでとっても美味。
これに炊いたあんこときな粉でおやつ。

素朴で、この上なくシンプル。
材料が片手の指で数えられる。
素敵。


時々凝りたくなるけれど、最近こういうおやつや料理をちょっと意識して作っています。
出来るだけシンプルな片手で数えられる材料と工程。
言うならば、『片手料理』を意識して。
『手抜き料理』と言うサブタイトル付き。


それにしても、あんこ炊きにはやっぱり、「ストーブにストウブ乗っけ調理」がいいです。
早く出して、あれもこれも色々作りたい。
寒くな~れ~。

・・・と思いつつ。
でも、ストーブを使うくらいの寒さ。
冷え性で、寒すぎるのは厳しい。
その点では全く待ち遠しくないので、「早く早く」と祈りながら待つことは無さそうです。



すでに、スーパーの寒さが堪えてきました。

そんな初老の秋の一日。



☆応援クリックいただけると嬉しいです☆

にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Nico-Recipe

Author:Nico-Recipe
ちいさな手作りで、毎日にちいさなにこにこを。
料理・手芸・消しゴムはんこ・・・。
いろんなツクルを綴ります。

最新記事

カテゴリ

作品販売★minne

著作権について

☆著作権について☆ このブログ内に掲載されている画像・図案はオリジナルデザインです。 無断使用、図案の複写などはご遠慮ください。 著作権は放棄していません。

My favourite shop

お気に入りの製菓材料SHOPです

消しゴムはんこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

recommended store