自家製酵母でパンを焼く

2016.05.12 10:11|クッキング
気が向いた時に、時々するのが酵母おこし。
常備しているレーズンやりんごで起こすことが多いですが、やっぱりレーズンがぶくぶく率高いです。

ぶどう酵母

ぶくぶく泡立ってきたら完成。(写真は仕込んだばかりです)
本当はここから3日ほどかけて元種を作り、この元種を使ってパンを焼く方が安定感もありよりふんわり焼けるそうですが…。
この工程で失敗したり、膨らみが悪かったり・・・なかなか難しい。
管理も難しいような・・・。
勉強不足でしょうね。

それに私の場合、酵母液そのままで焼くほうが失敗が少なかったりします。
なにより、ちょっとせっかち気味な性格には、酵母がおきたら即パン!の方法が性に合っているのですね。

さらに、ある本で見つけたレシピが私の要望にぴったりで、最近はこればかり。
要望とは・・・酵母おこしのレーズンもレーズンを捨てたくない!
そんな時見つけたレシピは、おこした酵母液をレーズンごと全て投入して作る方法。

レーズンを一緒にこねて、生地に混ぜ込まれます。
生地は茶色っぽくなりますが(全粒粉も使うので、なおさら茶色っぽいです)、全て食べられて嬉しいパンに。

さて、引っ越してきて落ち着いてきたし、そろそろ酵母をおこしてみようかなと。
数日でぶくぶくしてくるので、その間にはんこを彫り彫り。
酵母はんこ①
とりあえず、よくおこすレーズンとりんごバージョン。

色付けはんこも一緒に。
酵母はんこ②

酵母の瓶にペタリ。
酵母ラベル

数日後…。
出来上がった酵母で、パン焼き。

こねて、こねて・・・。
ぶどう酵母カンパーニュ①

発酵中。
ゆっくり休んでふくらんでください。
ぶどう酵母カンパーニュ②

一次発酵後、生地を丸めなおして、発酵カゴで二次発酵。
クープを入れて・・・。

ぶどう酵母カンパーニュ④


焼きましょう。

ぶどう酵母カンパーニュ⑤
ん~、膨らみがイマイチ。

焼き上がって、冷ましている間にもう一品。
といっても、はんこです。
ぶどう酵母カンパーニュ⑥

スライスして、いただきます。
ぶどう酵母カンパーニュ⑦
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Nico-Recipe

Author:Nico-Recipe
ちいさな手作りで、毎日にちいさなにこにこを。
料理・手芸・消しゴムはんこ・・・。
いろんなツクルを綴ります。

最新記事

カテゴリ

作品販売★minne

著作権について

☆著作権について☆ このブログ内に掲載されている画像・図案はオリジナルデザインです。 無断使用、図案の複写などはご遠慮ください。 著作権は放棄していません。

My favourite shop

お気に入りの製菓材料SHOPです

消しゴムはんこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

recommended store