からだを想って、あんこ作り

2016.06.08 14:21|今日のはんこ
久しぶりにあんこを炊きました。

ナイショのあんこ・・・。
なぜなら、デーツというドライフルーツで甘味を付けたから。
子供たちにはナイショ。
先に言ってしまうと、もう聞いただけで「要らない!」と拒否されそうだから。

前に一度、マクロビのレシピでレーズンで甘味を付けたあんこを作ってみたら大不評( ノД`)
確かに、酸味が際立ってあんことは別物になってしまいました。
で、それ以来作っていなかったけど、友達にお裾分けしてもらった、デーツあんが全然酸味が無くていける!
子供も気付かず食べていましたが「甘くない~」とは言っていました。

確かにお砂糖の甘味も少しは入れた方が食べやすいかな?とは思いました。
で、デーツあんにちょっぴり砂糖を加えるレシピに行きつきました。

さて、さっそく作りましょう。

小豆を洗って、厚手鍋でぐつぐつ。
2回ほど湯を捨て、その後コトコトと煮ます。

その間にデーツをざっとカットして、そのあと水と一緒にフードプロセッサーでペースト状に。
ゆるりあんこ①

こんな感じになりました。
ゆるりあんこ②

柔らかく炊けた小豆に、デーツペーストと塩を加え混ぜ、味をみながらてんさい糖を少しづつ加えて完成。
今回は砂糖大さじ2杯程度加えました。
ゆるりあんこ➂
レシピはこちら→cookpad ゆるりあんこ<
お砂糖たっぷりのあんこに比べると、さらっとした仕上がりです。
私はデーツだけの甘味でも全然いいのですが、子供たちには少し物足りない甘味。

少し砂糖で甘味を付けつつ控えめなので、あんこを使う時々で甘味を調節します。
アイスにのせるときはそのままで十分だけど、寒天と一緒に食べるときは黒蜜をかけて・・・などなど。

ついでのあんこはんこ。
ゆるりあんこ
ゆる~くからだ想いのあんこということで・・・ゆるりあんこ。

さてさて、今回はちょうどブランパンを焼いたので、そこに乗せて味見してみました。
ブランパンは強力粉を使わず大豆粉を使っているので、パンもあんこも、上も下もの豆づくし。
ゆるりあんこ➃

それにしても、まめってすごいな、美味しいな。
我が家には無くてはならない存在です。

大豆、小豆などの他にも、大豆製品大好き一家。
豆乳ヨーグルト(玄米から発酵させ、それをもとに豆乳からヨーグルトを作ります)は、私の朝の野菜ジュースに欠かせないし、おから料理も一週間に何度出ることやら。
豆腐や納豆は、冷蔵庫にないとブーイング。
枝豆は全員大好き、お弁当の彩りにも欠かせない。(特に野菜嫌いの長女のお弁当には必須!)
枝豆の殻の山が出来るのは、次女のお皿。
きな粉は吸い込んでむせるほど大好きな長女。

乾物売り場に豆が並んでいると、ウキウキします。
これはどんな料理に合うのかな~とか、これは何だ!という変わった豆を見つけてはレシピを検索してみたり。
それに、カラダにも良い。
まめってすんばらしい☆

20160608はんこ
今日のはんこ。。。まめなしの生活なんて・・・生活なんて・・・ノー マメ  ノー セイカツ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Nico-Recipe

Author:Nico-Recipe
ちいさな手作りで、毎日にちいさなにこにこを。
料理・手芸・消しゴムはんこ・・・。
いろんなツクルを綴ります。

最新記事

カテゴリ

作品販売★minne

著作権について

☆著作権について☆ このブログ内に掲載されている画像・図案はオリジナルデザインです。 無断使用、図案の複写などはご遠慮ください。 著作権は放棄していません。

My favourite shop

お気に入りの製菓材料SHOPです

消しゴムはんこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

recommended store