冬のツクル

2016.12.19 08:05|クッキング
冬に出番が多い、我が家のスロークッカー。
いつ見ても、かわいいな。
甘酒①

今日はこれから、甘酒作りです。
と言っても、ご飯は入れない麹だけの簡単楽々バージョン。
母が、麹屋さんでお米と麹を交換してきた(物々交換出来るんですね~!)ので、我が家にも持ってきてくれました。
スーパーの乾燥麹とは違い、生の麹。
やっぱりこれがイイ!

スロークッカーの内釜は陶器製。
甘酒②
リサイクルショップで掘り出した、新品未使用の昔々のスロークッカー。
なので、もし内釜を割ってしまったらもう同じ物は手に入らないかもしれません。
そう思うと、いつも洗う時に緊張してしまうのです。
ドキドキ・・・ソワソワ・・・。
これだけは割りたくないです。
甘酒➂

さて、麹を入れて、水も加えてスイッチオン。
温まってきたらスイッチを弱に切り替えます。

時々スイッチを切って温度調整。
高温になってしまうと、麹菌は生きていられないようです。
甘味も出ないので、温度管理だけは気にしつつ、半日保温。

とろっと甘々の甘酒完成。
濃縮タイプなので、料理などに砂糖代わりに使います。

甘酒➃
よく作るのが、さつまいものマッシュに加えてきんとん風。
子供たちは大好きです。

甘酒は好まないけれど、カラダにいいから摂らせたい。
そんな時に考えた簡単デザート。
夜ごはんの食卓に並べると、食後のデザート的な感覚であっという間に無くなります。

他には、朝の野菜ジュースづくりに加えたり、煮物の甘味付け、味噌と混ぜて魚や肉を漬け込んだり・・・。

残りの麹で、塩麹と醤油麹も仕込み完了。

そして麹と共にやって来たのが、こちら。
ゆず。

この季節には、遠方に住んでいても、毎年送ってくれていました。
ゆず茶①

さて、こちらも我が家の冬の定番、ゆず茶に。

良く洗ったらカットして、ボウルにザルを入れて、その上で種を取りつつ、絞ります。
ゆず茶②

そのまま、皮ごと薄皮も付いたまま細切りにして・・・
ゆず茶➂

清潔な瓶(アルコールで拭きました)に詰めて、80%程度のはちみつを加えて完成。
一番左は、はちみつの一部をてんさい糖に置き換えて。
ゆず茶➃
そう、熱を加えないんです!
簡単なんです!!
やる気にさせてくれるんです!!!

ジャム作りは、加熱の工程もあって面倒そう・・・難しそう・・・なんて印象があったりします。

私もゆずをたくさんいただいた時に、「こ・・・この量・・・大変かも・・・」と、あまりの量に怖気づいたことが。
そんな時に、クックパッドで必死に検索した結果、とんでもなく簡単な方法がヒット☆

最初は「火を加えなくて、食べられるの?美味しいの?」と不安に思いつつ・・・。
食べてみたら「お、お、美味しい~。」
しかも簡単~。
その年から、毎年の定番になりました。

お友達が遊びに来てくれた時は、温まるゆず茶でおもてなし。
美味しいと評判なので、すかさず「簡単だから作って作って!」と勧めまくります。

シールでラベルを作り、日付も記入したら、冷蔵庫へ。
ゆず茶⑤

今年の冬も、甘酒とゆず茶で、風邪を吹き飛ばしたい!・・・と思っているそばから、長女が風邪を引きました。
どうか、みんなにうつりませんように・・・。

みなさんも、風邪やインフルエンザ、そしてノロウィルス(一番恐怖!)には、お気をつけてくださいませ・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント