リビングの黒板

2017.01.20 08:18|日常

リビングの一角、一部が黒板の壁。

我が家のリビングのアクセントになっています。
すごく便利で、メッセージやメモに、プリントを貼ったり・・・。
もう、これ無しのリビングなんて・・・な程、活躍中。

子どもたちは、翌日の持ち物を書いたり、しないといけない事を書いておいたり、翌日の朝食に食べたいものを書いたり・・・。
気付くと、いつの間にやら色んな事が書かれています。

しかしながら、リビングから一目瞭然な場所に書いたにも関わらず、忘れてしまう子供たちに苦笑いの母・・・。
・・・ですが、買い物するものをメモした紙を持って行かない母も、また然り・・・。


さて、季節によって、子供たちスペースの黒板の下側の絵も変化します。
ハロウィンやクリスマスには、それぞれそれらしい絵が描かれました。
黒板⑥


年末年始、「おめでたい感じがいいね~、ダルマとかどう?」
と提案してみたら、まずは次女が動き出した。

そうしたら、みんなが続々と書き出して・・・。
ダルマだらけに。

手前の次女が書いたダルマから始まりましたが・・・。
なんだか変だねという話になり、どうやらヒゲが変なんだよと・・・。
リビング黒板
そして、転がっていくたびにスリムになり、最後は落花生になりましたとさ。
「細っ、ピーナッツじゃん」と・・・。
あぁ、大笑いのある日の出来事。



さてさて、お正月は遥か昔だったような気分の1月中旬。

そろそろダルマ気分ではないな・・・と思い、一新する事に。
ちなみに、私が書いた女の子の落書きの紙(夏休みの絵の宿題を子供たちが取り組んでいる隣で、落書きして遊んでいたのは私・・・気付けば半年貼ってある・・・)の陰から、ちょこんと顔を覗かせた女の子は末っ子作。可愛くって消せません・・・。

この消す作業、何気に大変。
リビング黒板①
黒板消しなんてかわいい物では追いつきません。
雑巾や古布で、ガーッと吹き上げます。
それも、一度拭いて乾いてからもう一度拭かないと、白っぽいチョーク跡が残ったままになってしまう事も。

ここが市販の黒板と違うところですね。サッと消えない。
子供たちがこれでもかと書きまくった後の消す作業・・・結構大変です。


さて、すっきり~!と思っていたのもつかの間、いつの間にやら誰かが雪だるまを書きました。
いつの間に!

私も負けまいと、上段にカリカリとお絵かき。
リビング黒板②

前に書いた絵を、少し変更。
グラノーラレシピは、よく作るのでそのままに。

今回は、図書館で借りてみたチョークアートの本を参考に、美味しそうなメニューを書きました。
リビング黒板➂


ところが三姉妹、それぞれ帰ってきても誰も気付かず・・・。
しょうがないので、「黒板変わってない?」と、それぞれに3回、自ら告知。


それにしてもリビングに入って正面、すぐ目に飛び込んでくる場所にもかかわらず、気付いてもらえないのは・・・なぜ・・・。



もうひとつのチョークアート・・・というか、チョークアート風はんこ。
チョークアート①

インクに色は暗めをチョイス。
そうすると、なんとなくチョークアート風に・・・。
チョークアート風②
我が家の黒板は濃い茶色ですが、やはり王道は深緑のような色でしょうか。

クラフト紙の袋のワンポイントに。
チョークアート風➂


彫るのも楽しいですが、捺すのも楽しくって・・・。
ついつい捺しすぎて、押印済未使用袋が増えてくるのです。
生産・消費をイコールでゼロにしたいところですね。

☆応援クリックいただけると嬉しいです☆

にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Nico-Recipe

Author:Nico-Recipe
ちいさな手作りで、毎日にちいさなにこにこを。
料理・手芸・消しゴムはんこ・・・。
いろんなツクルを綴ります。

最新記事

カテゴリ

作品販売★minne

著作権について

☆著作権について☆ このブログ内に掲載されている画像・図案はオリジナルデザインです。 無断使用、図案の複写などはご遠慮ください。 著作権は放棄していません。

My favourite shop

お気に入りの製菓材料SHOPです

消しゴムはんこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

recommended store