弁当箱とおひつの話

2017.10.04 08:21|日常
先日届きました。

わが家へようこそ。
待ってました。
マヌカハニー

毎年しているふるさと納税。
昨年に続き、マヌカハニーをリピートです。

陶器市で購入した、ミニミニの木のさじ。←陶器市なのに、陶器製じゃないのです。
一日ひとさじ。
主に私と長女。
時々妹たちも。

喉が変だな・・・ペロ。
胃の調子が・・・ペロ。
唇カサカサ・・・塗り塗り。
何となく・・・ペロ。

自分で買うには、ちょっと贅沢だったりお高い物。
ふるさと納税でお試ししたり、毎年の恒例にしたり。

わが家のリピート品は、マヌカハニーとりんご。

大活躍のトースターは、2年前のふるさと納税で頂きました。
トースター


他には、食べ物以外の各地の伝統工芸だったりも惹かれます。

ふるさと納税初めての年には、包丁を頂きました。
名前も彫ってもらえて、嬉しかったのを覚えています。
今でも活躍中。

昨年はこちらの曲げわっぱ弁当。
わっぱ弁当
長女が時々持っていくお弁当。
時々登場。

サンドイッチやのっけ弁当には別のお弁当箱で。
弁当箱①

素敵な弁当箱たちも活躍しますが、こちらも意外に活躍します。
弁当箱⑤
間に合わせの、何の気なしにスーパーで購入した、100円のちょっぴり大きめお弁当箱・・・というかタッパー。
サンドイッチや多めのご飯弁当の時に、時々登場。

頻度少なめですが、こちらも時々。
弁当箱➂
新旧バンビ。
ちょっぴり古そうな右のバンビがお気に入り。

ちなみにこちらの新旧バンビ。
先に紹介したアイザワのステンレス弁当箱・漆の井川メンパ。
どれもリサイクルで手に入れました。

お店は色々ですが、新品のまま店頭に出ていた井川メンパを見つけた時は、嬉しかったです。
今は、次女がこちらを好んで使っています。



さて、色んな素材のお弁当箱に詰めていますが、やっぱり木のお弁当箱は美味しそうに見えますね。
梅干しを乗せただけでも、素敵に見えます。
そして、実際美味しい。

木のお弁当箱もそうですが、おひつの素晴らしさったら。
米がつやっつやで、光りますね。

わが家は鍋で米を炊いていますが、炊きあがったご飯をお茶碗に。
残りをおひつに。
断然、おひつのご飯が美味しいんです。
炊きたてより美味しいんです。

現在の我が家のおひつはこちら。
おひつ
祖父母の家をリフォームして住んでいるのですが、リフォーム前の片付けで見つけたおひつです。
とってもきれいな状態で(もしかしたら未使用かも?)、今は活躍中。

それまでは手ごろな陶器のおひつを使っていました。
レンジも使え便利でしたが、炊きたてを入れると水滴がすごくて・・・。
そして味も普通。

遠い昔の結婚当初。
一度木のおひつを使った事がありましたが、その頃はまだまだその良さに気づいておらず・・・。
手入れも不十分だったのか、黒ずんでしまった覚えがあります。

また木のおひつを使い始め、良さを十分に認識し堪能中。

そして困った、容量不足。
ちょっと小さいんです。
どうせなら、炊きたてご飯を一度おひつに入れてから食卓に乗せたい。
もうひとつ増やす?
どうしよう。
モノは増やしたくないけれど、これは我が家にやってきて欲しいと、強くココロが訴えます。

ん~・・・と悩み、検索したらヒットしました、ふるさと納税で。


結果。

只今、到着をウキウキと待っています。
嬉しいので、彫って待っています。
おひつ①

梅干しおにぎりを作ろうか。
おひつ②
玄米も美味しく保存できるでしょうか。

最近、お菓子よりおにぎりが人気です。
おひつが二つになったら、ひとつにはお腹を空かせて帰ってくる子どもたちの小腹を満たすおにぎりを保存しようかと。


嗚呼、夢が広がります。
夢の規模がありんこのようですが、日常の小さな楽しみです。
日々の小さな楽しみが続くのが、小さな夢です。

ちなみに木のおひつ。
上手に使えば50年は持つんだそうで。


私とどちらが長生きするんでしょうか。


ぜひ、一緒にいい老け方をしていきましょう。




☆応援クリックいただけると嬉しいです☆

にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村



断捨離とわが家のペット事情

2017.10.02 09:37|日常

先日、家にあるレトロ品(祖母のおさがりやフリマ・リサイクルショップから我が家にやって来たモノたち)はどれくらいあるのだろう?と、じっくり眺めたり、覗いたり、探したりしてみました。

これ、これ、これも、これも?これも!あれも!あれも!?

と、結構な数が確認できました。
やはり、古くてレトロなモノが好きなのは、部屋の雰囲気や自分の服装や食の好みが変化してきても、変わらず。

そんな感じで色々見て回っていたら、どうにもこうにもしっくりこない持ち物がいくつかあったり、今の生活には必要ない量の瓶類が目に付きます。

これでも引っ越しを機に厳選して処分したりリサイクルに出しました。
今残っているモノは捨てることは考えられないので収納していますが、やっぱり使用頻度はほぼゼロだったりで。


どうにかしよう!と思い立ったが吉日。
ショッピングセンターでよく開催しているフリーマーケットの日程を、ネットで検索。
姉や母にも声をかけました。
今月、来月は都合が悪かったので12月になりそうです。
それまでに、家中を捜索しよう。

これで処分せずに誰かに使って頂けると思いながら色々見て回ると、あれもこれもと思ったよりも出てきます。
捨てるのはちょっと・・・と、断捨離慣れしていても、やはり心は痛みます。
誰かに使ってもらえるかも?という安心感からか、手放す物のハードルが1/3程度まで下がります。

一度手放すと決めて収納から出すと、もう戻したくなくなる感覚は不思議です。
さっきまで、普通に収納に収まっていたはずなのに。
一旦不用品ボックスに入ると、もう元の収納場所にぽっかりスペースはあるけれど、居場所は無くなっています。
もう戻したくなくなります。
そんな感覚になったら、もう手放す合図。
手放し時がやってきたようです。


ちょっと足をのばし、子供部屋も捜索。
といっても、厳しい目が光らない末っ子のお部屋です。
(姉たちの部屋を捜索すると、何をされるんだ!?と、厳しい視線がつき刺さりそうなので・・・)

時々不用品チェックをしているので、そんなに不用品は溜まっていませんでした。
が、毎回保留のモノが、今回も捜索網に引っかかります。

時々動き出す、気まぐれなペット。
ズーズーペット①

ハムスター。
エサは電池。
ズーズーペット②

ずっと我が家に住んでます。
時々、動かしては、数ヵ月の冬眠に入る、期間限定ペットです。

すっかり名前も忘れてしまっていましたが、検索して判明した名前「ズーズーペット」。
2010年ごろに発売されたようですね。
わが家はハムスター本体だけ所有していますが、当時は色んなパーツが販売されていました。

背中の模様がスイッチです。
ズーズーペット➂
走ったり、止まったり、バックしたり、方向転換したり。
予測不能な色んな動きをしながら、部屋の至る所をかけまわります。

お掃除ロボットを彷彿させる動きですが、チリひとつ拾ってきてはくれません。

時々、鳴き声や色んな音を発しますが、そもそもハムスターは鳴くんでしょうか?
時々、『ブーブー』『キーキー』など、別の動物を連想させる音がします。
時々、車のクラクションや宇宙人からのメッセージのようなふしぎな電子音も発しますので、もう色んな音がし過ぎて彼らが何なのか分からなくなります。
時々、走る姿を確認して、「嗚呼、君たちはやっぱりハムスターなんだね。」と、認識しなおします。


そうやって、時々不用品捜査に引っかかって、時々走らせて愛着が戻り、また末っ子の部屋の収納で冬眠に入るハムスターは、また今回の捜査をかいくぐって、冬眠に入るでしょう。



ペットを飼わない我が家の、ペット事情でした。



☆応援クリックいただけると嬉しいです☆

にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村

レトロで素敵

2017.09.28 14:16|日常
さてさて、前回からの続きです。

こんな始まり方もどうかと思いますが・・・。

ナシを盛り付けた、キャリコシリーズの小皿(写真右)。
底の部分にでっぱりも溝もほぼ無く、洗いやすさ抜群です。
食器➃
色んな種類があるみたいです→Calicoシリーズ

ちなみに、比較の為に置いた写真左のお皿も、また違ったリサイクルショップでかなり前に購入したお皿です。
ここ何年も、ずーっと第一線で活躍中。
一枚10円か20円か30円か、そんな値段で3枚買いました。
食器⑤

レトロな雰囲気が好きで、ケーキなどのデザート類を食べる時や、小さなパンをのせたりします。
チョコケーキ➂


こちらのカップ&ソーサーも、とっても年季の入ったものです。
食器⑥

5客セットでしたが、一度にそんなに使う事がありません。
かといって数客だけ処分もな~・・・と、普段使わない分だけ、二軍の収納に。
食器⑧
二軍と言いつつ、よく使う子どもたちのおやつ入れも一緒(左上の緑の数枚)。
この器か、木のボウルにおやつを分ける事が多いです。

他にも、調理実習用のエプロンセットや普段使わないお重も一緒です。
なんだか写真に撮ると、ごちゃっと感が否めませんね。

お重といえば・・・。
実は右中央の、椿のお重。
なんと10円でした。

小学校の文化祭のバザーで購入。
すっきり生活を心がけているので、バザーも終わりがけにチラリと、時間つぶしに見に行っただけでした。
売れ残りばかりのガランとしたテーブルの上で、なんだか古い箱に目が留まりました。
手に取って、パカッと開けたらびっくりでした。
こんな素敵なお重が売れ残りだなんて・・・。

そして、終わりがけのバザーでは、「全品10円ですよ!」の声が上がっていました。
お重は持っているけれど、これは使いたい!と、我が家にやって来たのでした。

素敵です。
食器⑩

朱塗りの素敵なお重です。
食器⑪
もう一度だけ言いますが、10円です。

すでに持っているお重ですが(先程の写真の右上のおやつ皿を入れている木のお重です)、少し深くて、かなり大きい。
何年も前に購入し(長女が年少の運動会の頃です。今は時々口が悪くなったり、時々私を悩まさせてくれる中学生です。)毎年、運動会はこのお重が活躍していました。
活躍はしていましたが、サイズ感と深さに、なんだか毎年少しだけモヤッっとしていました。
というのも、楽天で手に取らずに買ったからです。
レビューはとても良かったんです。

今年は試しに、この新入りお重を使ってみることに。
2017運動会お弁当①
実は小さめの13㎝角のお重です。
なので、3段だけではさすがに足りません。
サンドイッチのリクエストもあったので、それは別の容器で準備。
おにぎりも、別の容器で。
足りない時のおにぎりも2個、パンダ柄のホイルに包んで持参。

それでも、やっぱり実感。
「なんて詰めやすいのでしょう!」
深さって大切なんだなと、改めて実感です。

容器こそ増えたものの、荷物は前よりかさ張らず快適でした。

ちなみにこちらは去年のお弁当。
2016運動会お弁当

去年はキャラ指定でしたが、今年は人気キャラは無しで。
もう数年で可愛らしいお弁当やキャラ弁も終わりかな?

長女のお弁当。
キャラ弁はさすがに嫌がり、いつもシンプル。
ある日スーパーで見つけたキティ海苔。
これくらいなら・・・と買ってみたものの、断固拒否され、今回の運動会に登場です。

よく考えると、我が家の三姉妹、誰もキティちゃんに興味を持たずに育ってきました。
実は私もそんなに好き!カワイイ!と思ったことはありませんので、流れ的には正解なのかもしれません。
キティ好きの方、すみません・・・。

なので珍しさはありましたが、「かわいい~!」とはなりませんでした。
2017運動会お弁当②
私も、蓋を開けた時の、フッと笑ったぱっつん前髪のよくわからない私印のキャラクターの方が、愛おしくてかわいく思えました。


次女が来年から中学生に。
運動会のお弁当は、末っ子と私たち両親の分。
時々おばあちゃんの分。
もう、この小さめお重でちょうどよくなるのかもしれませんね。


嬉しいったら、寂しいったらありません。




そんなこんなで、我が家に第二の人生を謳歌しに来た食器や雑貨が、まだ色んなところで活躍中です。
また、時々紹介したいと思います。





☆応援クリックいただけると嬉しいです☆

にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村

フルーツ大好きっ子のパラダイスな日々。

2017.09.28 08:28|日常
ここ最近、フルーツ三昧です。
ミカン・リンゴ・ナシ。
桃を頂くと、ちょっぴり贅沢なフルーツタイムです。

特にフルーツ大好き末っ子さんには、嬉しい毎日。

時々、末っ子と一緒にスーパーに行くと、桃に目を輝かせますが、ついお手軽なフルーツを選んでしまいます。
毎日の食事後のフルーツを楽しみにしている末っ子。
桃を買ってしまうと予算オーバーで、数日間フルーツ無し生活になりかねません。

桃は次女も大好きなので、大きい桃も二人でペロッと無くなってしまうのです。
わが家には、桃はちょっとした高級フルーツ。

安く買える日や、はたまた、どこからか頂き物がやってくるのを、ウキウキ待つのも楽しみです。


常備されているナシやリンゴは、心置きなくたっぷり食べられます。
特に今年は、ナシに心奪われた末っ子。
毎日でも飽きずに食べています。
控えのリンゴやミカンには目もくれず、ひたすらにナシを追いかけます。


前日に1/2個食べ、朝に1/4個分小さく切ったナシをいくつか入れたヨーグルトを食べていった末っ子。
残り1/4個は冷蔵庫に。

みんなが学校給食を食べている頃、私は昼食後のひとりデザート時間。
残りの1/4個をいただきます。

時々お邪魔するブログで、「ナシの皮も食べています」という話を読んで、ちょっと試してみました。
食器①
一般的ではありませんが、皮好きの私には試す価値ありなんです。

とにかく、野菜もフルーツも皮の部分が大好きです。
皮だけでもいいんです。

リンゴの皮は、子どもたちが「剥いて」と言ったら「ラッキー」と、少し厚めに剥いて私のデザートに成り代わります。
もちろんどのフルーツも野菜も、皮まで食べる前提でしっかりとこれでもか~と、きれいにピカピカになるまで洗ってから剥いています。
カボチャやさつまいもなんて、むしろ皮部分が食べたくて調理している気分です。

カボチャケーキをしょっちゅう作るので、余る皮部分は私のおやつや食事の一品に。
ふかした後、皮の部分だけそぎ落とすので、そのまま食べたり、アイスに混ぜてカボチャアイス、アボカドや他の野菜と混ぜてドレッシングやマヨネーズであえてサラダに・・・などなどその日の気分で。

ひとりのお昼に、質素だけれど私にはごちそうの家ランチ。
見た目はイマイチなので、ひとりタイム限定です。


さて、ひとりデザートの皮つきナシの方はというと、全然イイ。
柿もおいしいとブログでおっしゃっていたので、季節になったら試してみるつもりです。

ナシを盛り付けた小皿。
こちらはリサイクルショップで見つけたお皿です。
セットで数百円で購入しました。
食器②
古そうな雰囲気ですが、現行販売もされている英国のキャリコというシリーズだそうです。
その事は後々知りましたが、ちょっとレトロな感じが気に入って手に取りました。

食器➂
色んな種類が販売されているみたいです→Calicoシリーズ


そのリサイクルショップは、引っ越し前の我が家の片付けで、大変お世話になったお店です。
委託販売という形態なので、好きな金額でお店に置いてもらえます。
1か月後(あれ?二か月後だったかな?)、売れ残ったらそのまま持ち帰らなくてはいけませんが、売れるとそのうちの何割かをお店の手数料として引かれ、残りの金額が受け取れるシステムです。

新品未使用でなくても、古くても、何でもありのお店だったので、見ているだけでも楽しいです。
新品未使用でないと嫌な方もいらっしゃるとは思いますが、今では手に入らないようなレトロな食器は魅力的です。
ステキな年季の入った食器や家具もあり、掘り出し物もわんさかです。
いつも賑わっていました。

引っ越しが決まった数ヵ月、この店に数え切れないほどの洋服や雑貨、食器やおもちゃを持ち込みました。
未使用でなくてもいいので、ハードルがどんと下がり、物も手放しやすくなります。
『捨てる』事に抵抗がある使えるものが、また別の方の手に取ってもらえることは、とても嬉しいです。
こんなお店はなかなか無いので、とてもよいお店がある所にこのタイミングで住んでいた事に感謝です。

もう何度、何袋、何箱、持ち込んだか分からないくらい持ち込みました。
安めに設定したので売れ残りも少なく、我が家では不用品だったものたちが、誰かのお宅で第二の人生を踏み出したのでした。


そんなウキウキ楽しいお店では、元々買う専門でした。
売り手側にもなった頃には、買う時はかなり慎重になり、厳しいチェックを切り抜けた物だけ購入しました。

他のリサイクルショップやフリーマーケットで購入した厳しい難関を突破した素敵な品々も、わが家には多々あります。
最後の最後まで残った品々は、今でも私のお気に入りです。
やはり、レトロな雰囲気や、年季の入った物に惹かれます。
ちょっとだけご紹介を・・・

・・・と、こういう話をしていると、ウキウキ楽しくなってきて、パソコンを打つ手が止まりません。
興味が無い方、すみません(^^;)


まだまだ終わる気配が無いので、続きは次回に・・・。



☆応援クリックいただけると嬉しいです☆

にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村

ウキウキが一年中

2017.09.27 10:32|日常

ちょっとの期間、空っぽにしたままだったグラノーラの瓶。

そろそろぎっしりと、見ただけでおなか一杯になりそうなぐらいに詰め込みたくなって、子どもたちを送り出したその足でキッチンへ。


実は、ここ数回、別のレシピに浮気。
前に数回、あれもこれもと試してみたけれど、結局もとの大好きなレシピに戻ってきて、「もう浮気するまい!」と決めたのに・・・。

別の、評判もいいレシピを見つけたので、ついついふらふら~と・・・。

でもやっぱり結果は同じ。
いつものがいいのです。

という事で、いつもの材料・いつもの手順でサササッと混ぜて、天板にどんっ・・・・・?
なんだかいつもと違うぞ?と思った瞬間気付いた、粉入れ忘れ。

まだ間に合う。
混ぜればいいだけ。
でも葛藤。
無しでもいけそうな気がするような、しないような。
ほんの数秒間に「入れる?入れない?」の質問をすごいスピードで自問し、「入れない」に決定。
粉無しグラノーラ①

もう一人の自分の「いいの?本当に粉無しで出来るの?」という質問がシャワーのように降り注ぐ中、振り切ってオーブンに入れました。
これで成功したら、粉無しグラノーラに切り替えられるじゃない?
ちょっとはヘルシーになるじゃない?

ドキドキしながら、ミッキーのキッチンタイマーを15分にセット。
15分後の、『カンッ!』という音に、またまたドキドキ。
タイマー②
いつもこの音にドキッとさせられますが、レトロな音が大好きです。

きちんと計れるタイマーもあります。
タイマー①
大体いつも、8分にセットされています。
ごはんを炊くときの時間です。

ご飯はシャトルシェフで炊いています。
沸騰したら弱火で8分加熱。保温鍋に入れて10分程度蒸らします。

なのでいつも8分に設定。蒸らし時間も、鍋にセットしてそろそろ2分経ったかな~?という頃に、タイマー再スタート。
もしくは時計を見て、なんとなく10分。
もしくは自分時計。

適当でもいつも失敗無く炊けるので、そんな感じで大丈夫です。


さて、話はグラノーラに。
15分で一度取り出して、ざっくり混ぜます。
「こ・・・これは・・・」と、不安一色になるしっとりさ。

残りの15分にすべての望みをかけて、スイッチオン。
オーブンをひたすらに覗き込むコワイ顔に、グラノーラもさぞかし頑張って焼かれたことでしょう。

その甲斐あってか、無かってか・・・。
こんがり焼けました。
粉無しグラノーラ②
最後の方は、少し温度を下げ、いつもより少し長めに焼きました。

少しいつもより塊が少なく、細かい部分が多いですが、カリカリ加減は健在です。
後は冷まして、レーズンをたっぷり混ぜ込んだら完成です。
ちなみに、最近気持ち程度にすりごまを投入しています。

何となく香ばしく、栄養的にもいいかな?と思いまして。
長女曰く、味は何も変わらないという事で、香ばしさはあまり望めないようですが。

『隠し味』ではなく『隠し栄養』で、さらに健康になってくれれば嬉しいです。


焼いている時に、はんこで一品。
メンズ①
グラノーラには何の関係も無い、「麺」はんこ。
強いて言えば、「食べ物」繋がりでしょうか。

落書き帳をパラパラ眺め、過去に描いた絵を発掘。
器は色々使いたいよね~と、色付け。
メンズ②
スリー麺ズ。


麺と言えば、我が家の子どもたちは、それぞれ好きな麺と嫌いな麺がバラバラ。
みんなが唯一文句少なく食べるのがラーメン。

昨日、うどんがあまり好きじゃない次女が、夕飯時に急に「週末はカレーうどんを食べる」と言い出しました。
まだ火曜日ですが?
そのモチベーションが週末まで続くのか・・・。

時々、おそろしく先の話をしだす次女。
冬の終わりにクリスマスの話をしだしました。
友達とする、クリスマス会が楽しみすぎるんです、彼女。
去年のクリスマス会が楽しかったらしく、冬も春も夏も、時々その話をしだします。
「はやっ!」とその都度つっこみます。

数日前にまた「今年のクリスマスって何曜日?」と質問されましたが、残念ながら私はカレンダーをそんな先まで把握していません。
数日先までの予定で、頭はいっぱいいっぱいです。
後で、自分で調べていました。



ウキウキが一年中あって、ちょっと羨ましいなと思います。



☆応援クリックいただけると嬉しいです☆

にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Nico-Recipe

Author:Nico-Recipe
ちいさな手作りで、毎日にちいさなにこにこを。
料理・手芸・消しゴムはんこ・・・。
いろんなツクルを綴ります。

最新記事

カテゴリ

作品販売★minne

著作権について

☆著作権について☆ このブログ内に掲載されている画像・図案はオリジナルデザインです。 無断使用、図案の複写などはご遠慮ください。 著作権は放棄していません。

My favourite shop

お気に入りの製菓材料SHOPです

消しゴムはんこ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

recommended store